登録しました
ページ更新後に反映されます
すでに登録されている物件です。
お気に入り物件から削除されました
ページ更新後に反映されます

共通メニュー

大阪市西区を中心とする不動産売買 阿波座店ランド

ぱんくずリスト

トップ >タウン情報 詳細

コラム&地域情報 詳細

※画像はイメージです

木材が高騰!?ウッドショックの影響とは?

2021-08-27

はじめに

住宅業界では「ウッドショック」と言う言葉が飛び交っていますが、ご存知でしょうか?

ウッドショックとは木材の輸入価格が高騰し、かつてのオイルショックになぞらえて名付けられた言葉です。

過去には2度のウッドショックがありましたが、今回はコロナ禍で3回目となります。

この記事では、ウッドショックによる影響やいつまで続くのか、などについて詳しく解説していきます。


「ウッドショック」とは?

ウッドショックとは、輸入木材の価格が高騰していることであり、日本への輸入木材が入ってこなくなる貿易摩擦の総称です。

過去には2度のウッドショックが起こっており、1度目は1990年代以降、アメリカで森林伐採の規制が進み木材の共有不足によるもの。

2度目は2008年のリーマンショックが起きる直前、好景気により住宅の建設ラッシュとなり木材の価格高騰が発生しました。

そして、3度目は新型コロナウイルス感染症が原因と言われています。


「ウッドショック」はコロナ禍が原因!?

今回のウッドショックは、新型コロナウイルス感染症が原因と言われています。

ウッドショックが起きた背景には、アメリカや中国の情勢による変化が挙げられます。

アメリカではリモートワークが急激に増え、空前の別荘ブームや住宅の建築、リフォームが盛んになり木材需要が一気に高まりました。

そんな中で世界最大の木材輸入国である中国が、木材需要によって高値になった木材を世界中から買い集め、木材価格の高騰に拍車をかけたのです。

このような背景により、世界では木材の取り合いが起こり、ウッドショックが起きたと言われています。


「ウッドショック」によって起こる影響

ウッドショックによって起こる影響には、次のようなものがあります。

・木造住宅の価格の高騰
・ローコストの住宅メーカーへの影響

木造住宅の建築の多くは輸入木材に頼っているため、木材の高騰により住宅価格も上昇することが考えられます。

また、契約しても建築できる目処がつかないことや工期が大幅に伸びるなど影響が出ている住宅会社もあります。


「ウッドショック」はいつまで続く?

世界で起こっているウッドショックですが、「いつ終わるのか」の見通しはついていません。

しかし、アメリカや中国における住宅建築ブームも永遠に続くことはないと考えられるため、この先はどこかのタイミングで日本での木材不足の状況も変わってくることが予測されるでしょう。

ウッドショックが終わるタイミングや見通しについて明言はできませんが、今よりも状況は変わることが考えられます。


「ウッドショック」は冷静に対処しよう

今回は、今起きている「ウッドショック」についてお伝えしましたが、今後の見通しや明確な終わりは見えていません。

ウッドショックによって住宅の納期や価格に大きく影響していますが、焦らずに冷静に対処することが大切です。

今家づくりを検討されている方は、早めに情報収集や行動に移せるように準備をしておくのも良いかもしれません。


フッター